ルーマニアの伝統スポーツ「オイナ」と日本の伝統文化に基づいた新スポーツ「スポーツ鬼ごっこ」の国際交流試合

ルーマニアの伝統スポーツ「オイナ」と日本の伝統文化に基づいた新スポーツ「スポーツ鬼ごっこ」の国際交流試合1
ルーマニアの伝統スポーツ「オイナ」と日本の伝統文化に基づいた新スポーツ「スポーツ鬼ごっこ」の国際交流試合2
ルーマニアの伝統スポーツ「オイナ」と日本の伝統文化に基づいた新スポーツ「スポーツ鬼ごっこ」の国際交流試合3
ルーマニアの伝統スポーツ「オイナ」と日本の伝統文化に基づいた新スポーツ「スポーツ鬼ごっこ」の国際交流試合4
ルーマニアの伝統スポーツ「オイナ」と日本の伝統文化に基づいた新スポーツ「スポーツ鬼ごっこ」の国際交流試合5
ルーマニアの伝統スポーツ「オイナ」と日本の伝統文化に基づいた新スポーツ「スポーツ鬼ごっこ」の国際交流試合6
ルーマニアの伝統スポーツ「オイナ」と日本の伝統文化に基づいた新スポーツ「スポーツ鬼ごっこ」の国際交流試合7

(C) 鬼ごっこ協会

ルーマニアの伝統スポーツ『オイナ』を日本に普及にいらっしゃいました「ルーマニア・オイナ連盟」の方々と国際親善イベントを行いました。ルーマニアから12名の方が参加され、オイナという伝統スポーツの体験会とスポーツ鬼ごっこの体験会を開催して、異なるスポーツ競技間での交流を深めました。

鬼ごっこ協会からは、スポーツ鬼ごっこ日本代表、ONIリーグの選手、協会公認ライセンス指導員、一般からの参加者が参加し、国を代表してスポーツ鬼ごっこの楽しさを伝えました。オイナは、日本の野球と似たルールのあるスポーツ競技でしたが、鬼ごっこにも近いルール性があり、異なる文化圏でありながら、似た点が見つかったことは、とても大きな気づきとなりました。
今回の国際親善イベントを開催するにあたり、主催の横浜コンスタンツア友好委員会、協力頂いた横浜市栄区、横浜市立小山台小学校、在日本ルーマニア商工会議所、ルーマニア大使館の皆さまともイベントを共に盛り上げました。

横浜コンスタンツア友好委員会 副委員長 田中兆洋氏

現地関係者からのコメント :

当日は、野外のスポーツには恰好の天候に恵まれました。また、会場は、一面に天然芝が植えられていて、アスリートには快適な環境の中での親善試合でした。当日のプログラムは、スポーツの国際交流を念頭に企画されたこともあって、ルーマニア・オイナ及び鬼ごっこ協会の試合の二本立てで実施されました。前半のオイナ親善試合では、試合相手に鬼ごっこ協会が参加し、最初はオイナのルールの説明から始まり、その後攻守二チームに分かれ試合が開始されましたが、鬼ごっこ協会のメンバーの呑み込みが早く、ルーマニア・オイナチームが、発奮する試合展開でした。その後、引続き鬼ごっこの親善試合に移りましたが、やはり鬼ごっこのルールの説明から始まり、引続きルーマニア・チームと鬼ごっこチームに分かれ対戦が行われました。最初は、ルーマニア・チームも戸惑っているような雰囲気でしたが、スポーツ慣れしていることもあり、第2試合あたりからは、攻めも積極的になるなど、本気モードの参加に見受けられました。最後に感想を聞くと、実に面白いとのことでした。今後、鬼ごっこが、国際交流の身近なツールとして発展すればと、願っている次第です。

実施期間
2016年10月2日
実施エリア
日本・神奈川
スポーツ種目/プログラム種別
スポーツ鬼ごっこ、オイナ
実施組織
一般社団法人鬼ごっこ協会
横浜コンスタンツア友好委員会
支援先
ルーマニアオイナ連盟
協同組織
小山台小学校
在日本ルーマニア商工会議所
ルーマニア大使館
支援対象者数
40人(そのうちルーマニア人12名)
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP