サニックスワールドラグビーユース交流大会2017(第18回目)

サニックスワールドラグビーユース交流大会2017(第18回目)1
サニックスワールドラグビーユース交流大会2017(第18回目)2
サニックスワールドラグビーユース交流大会2017(第18回目)3
サニックスワールドラグビーユース交流大会2017(第18回目)4
サニックスワールドラグビーユース交流大会2017(第18回目)5
サニックスワールドラグビーユース交流大会2017(第18回目)6
サニックスワールドラグビーユース交流大会2017(第18回目)7

このラグビー大会は18回目を数え、男女合わせ10ヶ国・地域からチームを招へいし、大会を行いました。競技だけでなく地元の学生との国際交流や長崎原爆資料館見学を含めた観光などを実施しました。大会会場と宿泊施設が同施設内にあるので、競技だけでなく生活もともにすることで、コミュニケーションが取れお互いの文化に触れ合い理解することができるのもこの大会の特徴です。

現地関係者からのコメント :

25年のコーチ生活の中で最もよく企画され、本格的に運営された大会だった。福岡についてすぐに歓迎されている気持ちになり、チームに良い雰囲気が続いた。施設も食べ物も良くサービスも最高だった。選手にもスタッフにも一生の思い出に残る大会だった。(ニュージーランド・マウントアルバート グラマースクール コーチ)

実施期間
2017年4月28日〜5月5日
実施エリア
日本・福岡
スポーツ種目/プログラム種別
ラグビー(男子:15人制、女子7人制)
実施組織
株式会社サニックス
一般財団法人サニックススポーツ振興財団
協同組織
公益財団法人日本ラグビーフットボール協会
支援対象者数
390人
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP