World Rugby & Asia Rugby Performance Development Workshop

World Rugby & Asia Rugby Performance Development Workshop1
World Rugby & Asia Rugby Performance Development Workshop2
World Rugby & Asia Rugby Performance Development Workshop3
World Rugby & Asia Rugby Performance Development Workshop4
World Rugby & Asia Rugby Performance Development Workshop5
World Rugby & Asia Rugby Performance Development Workshop6

アジア諸国のコーチ、レフリーの資質向上によるアジアラグビーの競技力向上を目指したワークショップ。ワールドラグビーからの要請を受け、日本で3年連続の開催となりました。12か国から約40名が集い、自らの知識やスキルに磨きをかけました。

各国のコーチ・マッチオフィシャル・S&Cエデュケーターが参加し、7人制ラグビーのコーチングやスクラムセッション、クラブカルチャー、コーチングパスウェイなど多岐に亘るテーマを扱い、講義だけでなく、参加者による双方向のディスカッションを行いました。参加者はワークショップで得た知識、スキルを自国や近隣諸国へ伝達し、アジアにおけるラグビーの普及・発展に努めていきます。

参加者からのコメント :

他の機会では得られない、実践的なスキルアップの場となった。
それぞれの分野のエデュケーターが協働することでより知識を深めることができた。

実施期間
2017年2月26日~3月4日
実施エリア
日本・茨城
スポーツ種目/プログラム種別
ラグビー
実施組織
公益財団法人日本ラグビーフットボール協会
支援先
World Rugby
Asia Rugby
Asia Rugby所属ユニオン
協同組織
World Rugby
Asia Rugby
支援対象者数
100,971人(50カ国)
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP