裸足ランニングキャンプ

裸足ランニングキャンプ1
裸足ランニングキャンプ2
裸足ランニングキャンプ3
裸足ランニングキャンプ4
裸足ランニングキャンプ5
裸足ランニングキャンプ6
裸足ランニングキャンプ7

 ケニアでの陸上選手の多くは高いポテンシャルを持ちながら、ここ近年怪我に悩まされる選手が増え続けており、また食事もままならない状況に陥っています。
その状況を救うべく、裸足でのトレーニングと自給自足の生活で怪我をしない強い選手を育てることを目的としたトレーニングキャンプ(宿泊も含む)を実施しました。

日々のトレーニングに加え、裸足でのトレーニングや怪我をしないための動きづくりのトレーニングを加え質の高い走りを身に着けます。また家畜を飼ったり、野菜や果物を育て100%に近い自給自足の生活を目指します。
 一方で海外遠征やユニフォームなどの必要な経費は海外からのランナーの受け入れを行い、選手が一般のランナーのサポートもしながら遠征費を賄い、選手が海外のレースなどで活躍した時にその賞金が彼らに多く渡るような仕組みづくりを目指します。

 また、裸足で走る事の良さを広めるため、ケニア陸連公認の裸足レースなどを行いより認知度を高めていきます。既に2回開催され、裸足で走った時のパフォーマンスがあがり認知度は確実に増しています。

実施期間
2016年10月~
実施エリア
ケニア・ニャフルル
スポーツ種目/プログラム種別
陸上(長距離)
実施組織
日本ベアフットランニング協会
支援対象者数
401人
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP