SPORT FOR TOMORROW とは?

2014年から東京オリンピック・パラリンピック競技大会を開催する2020年までの7年間で開発途上国を始めとする100カ国以上・1000万人以上を対象に、日本国政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業。世界のよりよい未来をめざし、スポーツの価値を伝え、オリンピック・パラリンピック・ムーブメントをあらゆる世代の人々に広げていく取組みです。

SPORT FOR TOMORROWの活動領域

スポーツを通じた
国際協力及び交流

主に開発途上国を対象として、ハードソフトの両面からスポーツを通じた国際協力及び交流を促進しています。

コートジボワール
空手道場の新設/大会の開催
アジア・オセアニアの若者招へい
国連ユースリーダーシップの開催
アジア各国
サッカー人材の育成/交流支援

国際スポーツ人材
育成拠点の構築

将来の国際スポーツ界のリーダーを育成するために、国内外の若者等を対象とした大学院修士コースの開設と、日本文化やスポーツマネジメントなどを学べる短期セミナーを開催しています。

筑波大学
つくば国際スポーツアカデミー(TIAS)
日本体育大学
コーチ育成者養成アカデミー
鹿屋体育大学
国際スポーツアカデミー

国際的なアンチドーピング
推進体制の強化支援

日本アンチ・ドーピング機構は、ユース世代やリーダーを育成するための教育プログラムの開発・提供や、スポーツの価値を守り、その価値を広める活動を、各アンチ・ドーピング関係機関らと連携し、展開しています。

国際シンポジウムの開催
ベトナム/カンボジア
教育セッションの開催
トップアスリートへの啓発活動

スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム

SPORT FOR TOMORROWは、「スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム」により運営されています。

外務省やスポーツ庁を中心とした「運営委員会」と、SFTの趣旨に賛同し、スポーツを通じた国際貢献に携わる団体から成る「コンソーシアム会員」にて構成されたネットワークです。

スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム ネットワークの概念図

運営委員会の活動領域

活動領域 スポーツ関連施設の整備やスポーツ用具の供与 アスリートや指導者、専門家の派遣 アスリートや指導者、専門家の招へい 将来の国際スポーツ界のリーダー育成 スポーツを通じた文化交流 障がい者スポーツの普及・振興 日本でのセミナー・研修等の開催 外国でのセミナー・研修等の開催 アンチ・ドーピング推進体制の強化支援 「運動会」など日本独自のスポーツコンテンツの開催支援 スポーツ分野での技術協力
外務省
スポーツ庁
国際協力機構(JICA)
国際交流基金
日本オリンピック委員会(JOC)
JPC
JADA
筑波大学
NCDA/日本体育大学
NIFISA/鹿屋体育大学
日本スポーツ振興センター(JSC)
東京オリンピック・パラリンピック
競技大会組織委員会
日本体育協会
ラグビーワールドカップ2019
組織委員会

関連資料ダウンロード

※資料は現在準備中です。

認定事業

スポーツ関連事業や国際協力・交流事業を実施されている競技団体・NGO・NPO・地方公共団体・民間企業・大学等のみなさまがお持ちのノウハウ・特色を活かした多様なスポーツ国際貢献事業を、「スポーツ・フォー・トゥモロー認定事業」として実施運営いただく仕組みです。

認定事業実施例

Sport for Tomorrow に参加しよう!

スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアムでは、
SPORT FOR TOMORROWの活動を共に推進いただく
「スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員」を募集しています。

入会方法・活動方法・お問い合わせはこちら

PAGE TOP