スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアムでは、
SPORT FOR TOMORROWの活動を共に推進いただく
「スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員」を募集しています。

SFTC会員になるには

入会条件

スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアムの趣旨に賛同いただける、
スポーツ国際貢献に携わる競技団体・NGO・NPO・地方公共団体・民間企業・大学等。
※入会には、所定の審査・手続きが必要です。

入会金

無料

入会の流れ

資料のダウンロード
下記より資料をダウンロードしてください。
入会申込書の作成
「SFTCについて(会則).docx」と「プライバシーポリシー」をお読みになった上で、「SFTC入会申込書.doc」に必要事項を記入してください。
入会申込書の送付
記入済みの「SFTC入会申込書.doc」を以下メールアドレス(スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム事務局)へお送りください。
sft.info@jpnsport.go.jp
審査・承認
運営委員会で審査・承認を行います。
ご承認後、スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム事務局よりご連絡差し上げます。

会員登録後の活動のしかた

会員になったら、あなたの団体で
できる事からはじめましょう。

SFTCにご入会
上記「入会の流れ」に沿って、SFTCへの入会手続きを行ってください。
事業計画
スポーツを通じた国際貢献・国際交流事業を計画。
※他の会員団体のリソースを活用したい場合などは事務局にお気軽にご相談ください。
事業認定申請書の送付
「事業認定申請書」に必要事項を記載いただき、SFTC事務局にメールでご提出。
審査・認定
SFTC運営委員会で審査を行い、認定。
※審査には最大3週間ほどお時間をいただく場合があります。
また、審査の過程で事業内容について詳細をお伺いする場合があります。
審査結果通知
SFTC事務局より申請団体に審査結果をお知らせ。
報告書提出
事業実施後は、報告書(A4サイズ1枚程度)に画像を添えて事務局にご提出。

お問い合わせ・アクセス

お問い合わせ

個人情報の取扱に関するお問い合わせ、またサイトの利用に関してお気付きの点などございましたら、
お手数ですが下記までご連絡ください。

スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム事務局
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目7-5 MSビル7階
sft.info@jpnsport.go.jp

アクセス

スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム事務局
住所: 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目7-5 MSビル7階

プライバシーポリシー

当事務局は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

個人情報の管理
当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行ないます。
個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールのご送付に利用いたします。また、お客様のサイト利用性向上の為、クッキーを使用します。クッキーはご利用のハードドライブやデバイスメモリなどに蓄積される情報です。
個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。
お客さまの同意がある場合
お客さまが希望されるサービスを行なうために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
法令に基づき開示することが必要である場合
個人情報の安全対策
当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。
ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。
法令、規範の遵守と見直し当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

アクセシビリティポリシー

SPORT FOR TOMORROWウェブサイトでは、一人でも多くの方が利用できるように、「アクセシビリティ(利用できる)」と「ユーザビリティ(利用しやすい)」の両方を満たすユニバーサルデザインの考えを適用していきます。

ユニバーサルデザイン

目標とする達成等級及び対応度
日本工業規格JIS X 8341-3:2010「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器,ソフトウェア及びサービス-第3 部:ウェブコンテンツ」(以下、JIS X 8341-3:2010)の等級Aに準拠することを目標とします。
主な対応内容
1. 利用者が必要に応じて文字サイズを変更できるようにします。
2. 機種依存文字は使用しません。
3. 文字の色は背景色とコントラストをとり、読みにくくならないようにします。
4. PDFファイルを使用する場合はその旨を明示し、ファイルサイズを記載します。
5. 音声読み上げソフト(*1)に対応します。
*1 ウェブサイト上の情報を解析し、合成音声で読み上げるソフトウェアです。主に、視覚障害のある方が、ウェブサイトを閲覧するために使用しています。
PAGE TOP