南米における日本で考案された共生型スポーツ普及支援事業

南米における日本で考案された共生型スポーツ普及支援事業1
南米における日本で考案された共生型スポーツ普及支援事業2
南米における日本で考案された共生型スポーツ普及支援事業3
南米における日本で考案された共生型スポーツ普及支援事業4

日本卓球バレー連盟普及委員会

日本で考案された共生型スポーツである卓球バレーの指導者講習会や体験会、大会の運営支援、備品寄贈などの普及支援を行いました。

ブラジル・パラグアイ・アルゼンチンにおいて、日本で考案された共生型スポーツである卓球バレーの普及事業を実施しました。

指導者講習会による指導者養成、備品寄贈を通して現地での普及事業の促進を図るとともに、大会の実施支援も行いました。さらに知名度向上や現地団体支援を目的として体験会の開催も行いました。ウルグアイからは特別支援学校の校長がパラグアイ・アルゼンチンへのプログラムに参加し、ウルグアイでの卓球バレー普及を行いました。

実施期間
2017年11月1日~12月31日
スポーツ種目/プログラム種別
卓球バレー
ふうせんバレーボール
実施組織
一般社団法人コ・イノベーション研究所
協同組織
日本卓球バレー連盟
日本卓球株式会社
一般社団法人Nature&Humans Japan
支援対象者数
2003人
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP