JSC-JRFU-岩手県・釜石市連携 ラグビー国際交流プログラム

JSC-JRFU-岩手県・釜石市連携 ラグビー国際交流プログラム1
JSC-JRFU-岩手県・釜石市連携 ラグビー国際交流プログラム2
JSC-JRFU-岩手県・釜石市連携 ラグビー国際交流プログラム3
JSC-JRFU-岩手県・釜石市連携 ラグビー国際交流プログラム4
JSC-JRFU-岩手県・釜石市連携 ラグビー国際交流プログラム5

JSCとJRFUはラグビーワールドカップ2019開催都市の岩手県・釜石市と連携し、スマトラ沖地震被災地を対象にラグビーを通じた国際協力・交流活動を実施しました。ラグビー交流に岩手県・釜石市が有する強み(防災教育等)を融合する形で各種知見の共有も行いました。

スリランカ及びインドネシアにおいて、少年少女を対象にラグビー交流・指導会を実施し、スポーツとラグビーが有する様々な価値を子どもたちと共有しました。また、岩手県・釜石市職員から津波の心構えと対処方法等について経験・知見を共有し、意見交換を行いました。
スマトラ沖地震から10年以上が経過し、現地では津波の教訓が風化しつつあることから、今回の取り組みが子どもや教師にとって津波防災の大切さを見直す契機になることを期待しています。

スリランカ・ゴール市 ラグビーコーチ

現地関係者からのコメント :

「子どもたちは、ラグビー元日本代表から直接コーチングを受けることができ、貴重な経験ができました。今回のラグビーと防災教育を組み合わせた取り組みは非常にユニークだが、子どもたちはラグビーにも防災講話にも真剣に取り組んでいました。機会があれば、ぜひまた開催してほしい。」

実施期間
2018年2月5日〜13日
実施エリア
スリランカ:ゴール市
インドネシア:ジャカルタ市、プラムカ島
スポーツ種目/プログラム種別
ラグビー
実施組織
独立行政法人日本スポーツ振興センター
協同組織
公益財団法人日本ラグビーフットボール協会(JRFU)
岩手県
釜石市
支援対象者数
319人
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP