IBA 少年軟式野球を通じた少年・少女の健全育成と国際交流の推進

IBA 少年軟式野球を通じた少年・少女の健全育成と国際交流の推進1
IBA 少年軟式野球を通じた少年・少女の健全育成と国際交流の推進2
IBA 少年軟式野球を通じた少年・少女の健全育成と国際交流の推進3
IBA 少年軟式野球を通じた少年・少女の健全育成と国際交流の推進4
IBA 少年軟式野球を通じた少年・少女の健全育成と国際交流の推進5
IBA 少年軟式野球を通じた少年・少女の健全育成と国際交流の推進6
IBA 少年軟式野球を通じた少年・少女の健全育成と国際交流の推進7
IBA 少年軟式野球を通じた少年・少女の健全育成と国際交流の推進8

公益社団法人少年軟式野球国際交流協会/Internationl Boys Nankyu Baseball Association Japan

公益社団法人少年軟式野球国際交流協会(以下IBA-boys)では、年間を通して大きく分けて以下の5つの事業を実施してきました。
① IBA軟式ボールを使用し、IBAルールにのっとった軟式野球国際大会の主催。
② 日本チームの海外派遣、海外チームの日本への招聘。
③ 相互において協力をいただきホームステイの実施。
④ 海外チーム選手との文化交流イベントの実施。
⑤ 野球技術向上のため野球教室の実施。

それぞれの事業を実施した結果、以下のような成果、展開が生まれました。
① 子供たちの海外派遣により、国際感覚や勇気・自立・感動を育む貴重な経験を与えてきました。
② 親善試合とホームステイ生活を通じ日本と現地の少年・少女との文化交流を重ねてきました。
③ 派遣前の日本の子供たちに事前の英語学習の機会を作り国際コミュニケーションを図っています。
④ 日本野球の技術やルールについて指導や情報交換をしています。
⑤ 使用済みの野球用具の途上国選手団への進呈を始めました。

長丸伸隆 Baseball Club Singapore

主催者からのコメント :

少年野球の国際大会「南アジア少年軟式野球大会」が10月10日・11日、シンガポール・ターフシティ野球場(200 Turf Club Road)で開催されました。 主催はベースボール・クラブ・シンガポール(BCS)、共催は少年軟式野球国際交流協会、シンガポール・ベースボール&ソフトボール協会、マクファーソン小学校。日本からの IBA Japanチームを含めた 21チームの参加はこの大会史上最多。 野球を通じて国際交流を図り子ども達の夢を広げる理念に協賛して下さった個人事業主様 法人様も 最多となり 過去最大規模の第14回大会となりました。野球は1人では出来ないスポーツである事同様 大会を開催する事も運営する事ももちろん1人では不可能な話です。 野球で出会えた繋がりを絶やしたくないとBCSの親たちも全員が運営に関わる事で沢山の事を学び、そして 大会が成功した事に感謝しています。応援して下さった皆様参加して下さった皆様、本当にありがとうございました。

実施期間
2017年4月1日〜2018年3月31日
実施エリア
諸羅山杯少年野球国際大会(台湾/嘉義市)
メルボルン少年野球国際大会(オーストラリア/ メルボルン)
台湾・嘉義市/台南中学生国際交流大会(台湾嘉義市)
南アジア少年野球国際大会 (シンガポール)
台湾桃城盃少年野球大会(台湾/嘉義市)
シドニー国際交流大会(オーストラリア/シドニー)
スポーツ種目/プログラム種別
軟式野球
実施組織
少年軟式野球国際交流協会
支援先
台湾嘉義市港坪国民小学校
台湾高雄市、アメリカ(セントルイス市)
オーストラリア(シドニー市、メルボルン市)
シンガポール・アメリカン・スクール
協同組織
世界少年軟式野球連盟
台湾国際棒球交流発展協会
中華民国学生棒球運動連盟
NSW少年野球連盟
ベースボールクラブシンガポール、
支援対象者数
3140人
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP