サニックス杯国際ユースサッカー大会2018

サニックス杯国際ユースサッカー大会20181
サニックス杯国際ユースサッカー大会20182
サニックス杯国際ユースサッカー大会20183

Masafumi Ono

 サッカーを通しての青少年の健全育成、普及と競技力の向上、国際的異文化交流を基本理念としています。
 大会会場と宿泊施設が同施設内にあるので、競技だけでなく生活もともにすることで、コミュニケーションが取れお互いの文化に触れ合い、そして理解し合うことができました。

海外4ヵ国と国内の強豪高校やJリーグユースなど様々なカテゴリーの16チームが一堂に会する大会。

その他ウェルカムパーティーで交流を図り、海外チームは福岡観光で異文化を体験するイベントなども行いました。

U-17マレーシア代表監督

参加者からのコメント :

 初出場で、日本のユース世代のサッカーのレベルに驚いた。近年、マレーシアでは、サッカー選手として生活できる環境はなかったが、最近、若者の間でもサッカーが人気となり、自分と他国の同世代と見比べることが出来る本大会はありがたい。  宗教上の理由で、スタッフ・選手共に、ハラル肉しか食べられないが、対応していただき、体調を崩すことなくベストの状態で試合に望むことが出来た。来年も、選手をもっと鍛えて参加したい。

実施期間
2018年3月15日~18日
実施エリア
日本・福岡県
スポーツ種目/プログラム種別
サッカー
実施組織
株式会社サニックス
一般財団法人サニックススポーツ振興財団
株式会社グローバルアリーナ
支援先
U-17マレーシア代表
FCイジョレツ・インコン(ロシア)
光州FC(韓国)
清水高校(台湾)
アジアサッカー連盟
協同組織
一般社団法人九州サッカー協会
支援対象者数
105人
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP