日本財団パラリンピックサポートセンター・上智大学共催シンポジウム
「障がい者スポーツと国際協力の課題-東南アジア地域を中心に」

日本財団パラリンピックサポートセンター・上智大学共催シンポジウム<br/>「障がい者スポーツと国際協力の課題-東南アジア地域を中心に」1
日本財団パラリンピックサポートセンター・上智大学共催シンポジウム<br/>「障がい者スポーツと国際協力の課題-東南アジア地域を中心に」2
日本財団パラリンピックサポートセンター・上智大学共催シンポジウム<br/>「障がい者スポーツと国際協力の課題-東南アジア地域を中心に」3
日本財団パラリンピックサポートセンター・上智大学共催シンポジウム<br/>「障がい者スポーツと国際協力の課題-東南アジア地域を中心に」4

上智大学国際会議場にて「障がい者スポーツと国際協力の課題-東南アジア地域を中心に」と題した国際シンポジウムを開催しました。

講演者として、日本からはスポーツ庁審議官、アジアパラリンピック委員会副会長、JICA課長、海外からは、マレーシア・タイ・ベトナム・オーストラリアの専門家が招聘され、東南アジアにおける障がい者スポーツを通した国際協力の実情と課題について講演ならびに討議しました。上智大生、一般を含めおよそ200名がシンポジウムに参加しました。

実施期間
2017年10月20日
実施エリア
日本・東京
スポーツ種目/プログラム種別
障がい者スポーツ全般
実施組織
主催:日本財団パラリンピックサポートセンター
協同組織
共催:上智大学 ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクト
支援対象者数
4人
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP