【青年海外協力隊活動レポート】体育・スポーツ分科会によるドッジボール大会の開催

【青年海外協力隊活動レポート】体育・スポーツ分科会によるドッジボール大会の開催1
【青年海外協力隊活動レポート】体育・スポーツ分科会によるドッジボール大会の開催2
【青年海外協力隊活動レポート】体育・スポーツ分科会によるドッジボール大会の開催3

青年海外協力隊員3名(体育2名、ラグビー1名)が『体育・スポーツ分科会』を立ち上げ、配属先内外の学校を巡回し、ドッジボールの普及を行い、学校対抗戦を開催しました。その際、日本ドッジボール協会様よりボールや教本をご支援いただきました。

「スポーツの指導書作成」を目標とし活動を開始した中で、男女とも参加でき、ルールも簡単で、楽しく体を動かし、チームワークも身に着くドッジボールの普及を考えました。
日本ドッジボール協会様からボールや教本のご支援を頂き、キルギス国内の学校での巡回指導を行いました。学校対抗戦は6校、7チーム、約100名の子供が参加し、各校の教員も含め勝利に向けて奮闘する姿や、負けたチームが他のチームを応援する姿が見られました。

参加者からのコメント :

大会でMVPを受賞した生徒
「ドッジボールを教えてくれた日本のボランティアに感謝しています。大きくなってもドッジボールをしたいし、バスケットボールやサッカーと同じようにみんなができるようになればいいなと思っています。」

実施期間
2018年4月20日
実施エリア
キルギス共和国/タシュドボ村
スポーツ種目/プログラム種別
ドッジボール
実施組織
独立行政法人国際協力機構(JICA)
協同組織
チュイ州立学校
支援対象者数
100人
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP