エチオピア「フィスチュラ病院」でのチアエクササイズ体験

エチオピア「フィスチュラ病院」でのチアエクササイズ体験1
エチオピア「フィスチュラ病院」でのチアエクササイズ体験2
エチオピア「フィスチュラ病院」でのチアエクササイズ体験3
エチオピア「フィスチュラ病院」でのチアエクササイズ体験4

【産科フィスチュラの世界で唯一の専門病院を訪問】
分娩時に児頭が産道を長時間圧迫することにより、母体の膀胱・膣・直腸などの組織が壊死し、瘻孔=フィスチュラが形成される。 その結果、 膣から尿・便が漏出し続け、日常生活や社会生活に甚大な影響を及ぼす分娩停止や分娩遷延による合併症。その患者の心のケアや社会復帰に向けたトレーニングの寄与として、チアエクササイズ体験を行いました。

 女性の生殖能力が重要視される地域では、死産を経験した上にフィスチュラを患った女性は、家事も農作業にも従事できず、夫や家族から見放され、小屋で一生を過ごすこともあります。手術を受けたくても、そのような状況で筋力が弱まり手術前のトレーニングが必要な方や、術後のリハビリテーションを楽しく行うためのエクササイズの披露や、社会復帰後もお互いが助け・想い合えるネットワークを作れるよう、スポーツを通じた共有体験としてチア体験を行いました。
また、フィスチュラが発生する要因として、都市部より郊外にあることや、貧困、教育問題などがあるため、孤児院やエチオピア郊外で情報収集をするとともに、同じエクササイズやチア体験を行い、スポーツを通じた交流を行ってきました。

現地関係者からのコメント :

・The Pleasure is mine and we are very happy too to have you here visiting our work.
・我々のダンスエクササイズに対し、各人の部族の踊りなどで喜びを表してくれ、最後は全員とのキス&ハグで締めくくることができた。笑顔の時間を共有できた、日本とエチオピアの地理的距離は離れていても心の距離は離れない、辛くなったらこの体験を思い出すなどの言葉がありました

実施期間
2018年8月13日~18日
実施エリア
エチオピア アディス・アベバ、ジンカ
スポーツ種目/プログラム種別
チアリーディング・チアダンス・エクササイズ
実施組織
NPO法人カワゴエ・マス・メディア
支援先
Hamlin Fistula Ethiopia(Addis Ababa Fistula Hospital・Desta Mender)
Abebech Gobena孤児院
郊外コミュニティ
協同組織
国際協力NGO SC HURRAY
Lapis Lazuli Earth
支援対象者数
130人
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP