【スポーツ庁委託事業】「ペルーに対する体育教師の能力開発支援」に係る専門家派遣

【スポーツ庁委託事業】「ペルーに対する体育教師の能力開発支援」に係る専門家派遣1
【スポーツ庁委託事業】「ペルーに対する体育教師の能力開発支援」に係る専門家派遣2
【スポーツ庁委託事業】「ペルーに対する体育教師の能力開発支援」に係る専門家派遣3
【スポーツ庁委託事業】「ペルーに対する体育教師の能力開発支援」に係る専門家派遣4

 ペルーに対する体育教師能力開発支援を目的に、学校体育分野における日本の知見の提供を行う活動を実施しました。

 2018年1月に、ペルーの体育科教育関係者6名を日本に招へいし、日本の体育科教育について紹介しました。日本で得た知見がどのように活かされているか確認し、更なる発展を目指すために、ペルーに専門家を派遣し、活動視察・活動報告会・会議・セミナーを行いました。
 招へい事業参加者たちはペルーに帰国後、授業研究等の日本の体育教育の質の向上を図る手法を参考に、小中学校の体育教師や大学の体育科教員養成科の教員・学生の能力開発に取り組んでいることがわかりました。
 ペルーと日本の体育科教育の更なる発展のために、今後も関係者と協力し本事業を継続していきたいと思います。

関連事業
ペルーと日本における体育科教育に関するワークショップの開催
「ペルーに対する体育教師の能力開発支援」招へい事業

現地関係者からのコメント :

 リマ市教育局が日本との協力事業に関われることに大変感謝。リマ市には200万人の学生と5万6千人の教師がいる(幼~高校)。プロジェクト対象地域としては、大きなインパクトになると考える。今後も一緒に取り組んでいきたい。(リマ市教育局長)

実施期間
2018年8月16日~22日
実施エリア
ペルー・リマ
実施組織
日本スポーツ振興センター
支援先
国立サンマルコス大学
リマ市役所、リマ市教育局
リマ市第7地域教育部
協同組織
広島大学
愛知県立大学
在ペルー日本国大使館
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP