対ベトナム社会主義共和国 初等義務教育 
ミズノヘキサスロン運動プログラム導入普及促進事業

対ベトナム社会主義共和国 初等義務教育 <br/>ミズノヘキサスロン運動プログラム導入普及促進事業1
対ベトナム社会主義共和国 初等義務教育 <br/>ミズノヘキサスロン運動プログラム導入普及促進事業2
対ベトナム社会主義共和国 初等義務教育 <br/>ミズノヘキサスロン運動プログラム導入普及促進事業3
対ベトナム社会主義共和国 初等義務教育 <br/>ミズノヘキサスロン運動プログラム導入普及促進事業4
対ベトナム社会主義共和国 初等義務教育 <br/>ミズノヘキサスロン運動プログラム導入普及促進事業5
対ベトナム社会主義共和国 初等義務教育 <br/>ミズノヘキサスロン運動プログラム導入普及促進事業6
対ベトナム社会主義共和国 初等義務教育 <br/>ミズノヘキサスロン運動プログラム導入普及促進事業7
対ベトナム社会主義共和国 初等義務教育 <br/>ミズノヘキサスロン運動プログラム導入普及促進事業8

ミズノは、独自に開発した運動プログラム「ミズノヘキサスロン」をベトナム全土の公立小学校に導入することにより、現地の初等義務教育における体育授業の課題解決に貢献し、ひいては全てのベトナムの小学生に対して「運動をすることの楽しさと喜び」を提供することを、当該事業の目的としています。

2018年9月、ミズノはベトナム教育訓練省と、現地で改訂されることが予定されている新学習指導要領に「ミズノヘキサスロン運動プログラム」の導入に向けた協力合意式を実施しました。
合意式は、在ベトナム・日本国大使館、ジェトロ、スポーツ庁、日本スポーツ振興センター関係者の列席のもとベトナム教育訓練省(ハノイ)で実施し、現地の公立小学校1,000校に対してサッカーボールやシューズの提供も行いました。
その翌月、首相官邸(東京)にて、日本・ベトナム両国首相の前で、協力覚書を締結いたしました。
今回の覚書締結は、これまでの活動をより確実に推進するためのもので、新学習指導要領への「ミズノヘキサスロン運動プログラム」導入と定着化に向けたモデルケースを各地で作り出すことを目指します。具体的には、当社は、2018年11月からベトナム63都市126校の小学校において「ミズノヘキサスロン運動プログラム」を使用した授業をベトナム教育訓練省の公認のもとで展開することが可能となりました。
今後は、126校の小学校を基軸として、ベトナム全土にある約15,000校の小学校への導入を目標としながら、より多くのベトナムの子どもたちが、体を動かすことの喜びを感じ、心からの笑顔が広がるように、より一層粉骨砕身努力します。

ベトナム教育訓練省/副大臣 グェン・ティ・ギア

現地関係者からのコメント :

ミズノヘキサスロンは、小学生向けに、基礎的な動作の組み合わせや、実施できる競技内容、指導方法などの面で優れた点が多く、小学生の基礎運動能力を最大限まで向上できるプログラムであると考えています。また、遊びの要素を併せ持ち・検証導入した小学校では、子どもたちが遊び感覚で楽しく運動をしています。ベトナム教育訓練省は、体育教育に関するミズノの活動に感謝するとともに、このプログラムを確実に展開していくために、体育局等の関係機関がミズノと密接に連携していくように指導していきます。ミズノヘキサスロンが、ベトナムの小学生に実践的な利益をもたらし、初等教育の質の向上に全面的に貢献していくことを切に願っています。

実施期間
2018年4月1日~
実施エリア
ベトナム63省(全土)
スポーツ種目/プログラム種別
“日本型体育授業”としての「ミズノヘキサスロン運動プログラム」
実施組織
ミズノ株式会社
支援先
TRONG PTCS THUC NGHIEM公立小学校
TRAN QUOC TOAN公立小学校
PHOUNG LIEN公立小学校
TRAN VAN ON公立小学校等
計1,496校の公立小学校
協同組織
<ベトナム>
教育訓練省/体育局
初等教育局、物質施設局
国際協力局 教育科学研究所/体育研究室
各省教育訓練局
<日本>
文部科学省、スポーツ庁
日本スポーツ振興センター
経済産業省、外務省
在ベトナム・日本国大使館
株式会社セルフウイング
日本国際学校
支援対象者数
273,848人
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP