• 3. すべての人に健康と福祉を
  • 4. 質の高い教育をみんなに
  • 5. ジェンダー平等を実現しよう
  • 17. パートナーシップで目標を達成しよう

【スポーツ庁委託事業】フィジー共和国体育ポリシーのユネスコピアレビュー

【スポーツ庁委託事業】フィジー共和国体育ポリシーのユネスコピアレビュー1
【スポーツ庁委託事業】フィジー共和国体育ポリシーのユネスコピアレビュー2
【スポーツ庁委託事業】フィジー共和国体育ポリシーのユネスコピアレビュー3
【スポーツ庁委託事業】フィジー共和国体育ポリシーのユネスコピアレビュー4
【スポーツ庁委託事業】フィジー共和国体育ポリシーのユネスコピアレビュー5

2015年に国際連合教育科学文化機関(UNESCO)は、子どもがインクルーシブに同世代と共に学び合うというコンセプトの「Quality Physical Education (QPE)」を策定しました。日本が体育先進国としてQPE政策支援国に選定され、フィジー共和国へQPE政策の支援を実施しました。体育・スポーツに関する政策策定に資するアドバイスを行い、現地状況をモニタリングしました。

フィジー共和国では、死亡率の80%以上がNCDs(非感染症/生活習慣病)であると言われるほど、深刻な問題となっています。同国では運動への重要性を理解しつつも、学校体育が充実していません。多くの学校では、体育の授業にスポーツを行うだけで、スポーツの苦手な生徒の不参加が目立ちます。
こうした状況において、本事業では、体育・スポーツに関する政策策定の支援を通じて、同国における学校体育の充実及び生活習慣病の予防、身体活動・スポーツ参加率の向上等への貢献を目指します。

実施期間
2019年3月5日〜15日
実施エリア
フィジー・スヴァ、ラウトカ、ナンディ
スポーツ種目/プログラム種別
体育政策支援
実施組織
独立行政法人日本スポーツ振興センター
支援先
フィジー教育省
協同組織
筑波大学
支援対象者数
42人
スポーツ・フォー・トゥモロー・コンソーシアム会員になるには
PAGE TOP